本人確認はなぜ必要?その方法は?

MENU

本人確認する意味とは?

買取りサービスの本人確認

洋服に限らず、買取サービスに中古品を売る際には公的な身分証明書(免許証、健康保険証、住民票、パスポート、住基カード等)による本人確認が必要です。

 

宅配買取も例外ではなく、売りたい物と一緒に身分証のコピーを箱に詰めて送る必要があります(※利用するサービスによっては、これらを鮮明に写した画像をマイページにアップすれば良いところもあります)。

 

この過程を面倒に感じる方もいるかもしれませんし、個人情報を提示することに不安を感じる方もいるかもしれません。

 

でも、本人確認は窃盗品売買などの犯罪防止を目的に制定された古物営業法という法律によって決められていること。逆に、もし本人確認なしで中古品を買い取っている業者があれば、それは法律違反です。そのような業者との取引はおすすめできません。

何をチェックしているの?

では、本人確認では一体何をチェックしているのでしょうか?宅配買取サービスに服を売る際にはこちらの情報を登録する必要がありますが、その内容と突き合わせて…

 

1.名前
2.住所
3.口座名義

 

の3点を確認しています。特に2の住所については、引っ越したばかりで住所変更していないケースもあるかと思いますが、やはりそれは無効。住所変更後の身分証を提示するか、新住所が記載してある住民票原本の写し等を一緒に提出しなければ、取引はできません。

 

ちなみに、送った身分証のコピーや画像は同じく古物営業法によって、買取サービス側で5年間厳重に保管された後に廃棄されることになっています。また、2回目以降の取引では再度本人確認する必要はありません

 

最後に、利用するサービスによっても有効な書類や提示方法は若干異なります。詳しくは各サービスの本人確認の項目を確認して下さいね。